Perth Diary 8 いやぁ、日本ではないわ、こんなイベント

0

    おばんです。
    Jeanです。

    本日水曜日。
    本日も相変わらずPerthは晴天。


    朝から、また算数やって。


















    明日、算数のテストがあるらしく、昨日やったことを復習したり。



    今日は、Masaの通ってる小学校で、日本の学校ではないイベント。
    Breakfast Club
    というやつがあり、いつもより30分くらい早く学校に行くと、朝食が食べられるという行事が毎週あるらしい。

    一緒に参加してみました。



















    Aussieらしく、toast、cereal、Yoghurt、pasta、など。

    この朝食を楽しみにというより、お友達と一緒に朝食を食べるのが嬉しいという感じみたい。




















    自分たちでお皿洗いまでちゃんとやるのがえらいね。




















    さて、お兄ちゃんお姉ちゃんとは、今日がダウンタウンに来るのが最後だったので、語学学校のマネージャーさんから勧められた、フェリーに乗って、South Perthに行ってみた。

    海岸沿いのカフェで、ジェラートを食べるといいですよと聞いて、そうしてみた。




















    そうそう、もう旅は終盤ですが、今更サングラスを買ったお二人。

    いやね、ほんと、日本人はサングラスかけないけど、こちらでは日光が強いので、サングラス、帽子、日焼け止め、は推奨されていることで、何もかっこつけているわけじゃない。

    中2のYuta

    なんか逃走中みたい。

    確かに。。


    ジェラート、さっぱりして美味しかったね。



















    やっぱりこちらに来るのが3回目ともなると、何が美味しいのか、何がまずいのかが、かなりわかるようになる。

    かなり失敗をくりかえしてますからね。
    特に食べ物に関しては、こちらで美味しいものに当たったら、ラッキー。

    お二人に大学生になったら、なんて話をちょっくらしたりしながら、フェリーで帰還。


    さて、夕方私も家に帰り、子どもたちはおとなりさんで遊んでいたようで、家の鍵が開いてなかったので、庭でのんびり。


















    こんなselfie を撮ってる間に、おうちのお父さんが帰ってきた。



    さて、今夜はちょっくらプライベートタイム。

    こちらに子どもたちを連れてくることになったきっかけになった、うちの教室の元先生、Craigとの再会。

    相変わらず、いつも優しくて、いつもこちらのいいレストランに連れて行ってくれる。

    今回は、Hillaryという、Seasideのレストラン。

    感動したな、この夕日。



















    そうかぁ、お金さえ払えば、この国もこんなに美味しいものが食べられるんだ。。


















    でも、でも、日本人には 高過ぎる。。

    Craig、ごめんね、鹿児島に来た時は、私がおごるから!

    といつも言っているだけ。
    早くおいでよー。

    でも、Craigはいつも優しく、

    僕の知ってる生徒はまだいる? あの子はげんき? ぜひ次回はこちらに連れてきて!

    と言ってくれる。




















    Wonderful Night!

    おやすみなさい。。。
















    Jean * - * 00:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
    このページの先頭へ