Perth Diary 2 これがオーストラリアの制服?

0
    おばんです。
    Jeanです。

    パースに無事到着。

    3人の生徒さんたちを引き連れ、鹿児島を出発して、丸一日以上経っている。

    乗り継ぎのマレーシアの巨大な空港で、ディナー。



















    早速、英語で買い物。
    お姉ちゃんと弟と、力を合わせて。



















    せっかくマレーシアにいるのに、選んだのはこれ。
    ったく、子どもってやつは、こうなんだから。




















    空港が巨大で、十分楽しめた。

    スーパーにて、フルーツいろいろあって楽しい。
    左はスターフルーツ、右はナゾ。




















    んー、このいぼいぼのフルーツも、アジアで見かける気がするけど、名前覚えてない。




















    これを見て、Maiが

    「えー、卵の浅漬け?」

    と言っていたが、なかなかいい訳だね。






















    その間、空港で、

    「ねぇ、今イスラム国の人が現れたらどうする?」

    だとか、

    飛行機の中で

    「この前、ドイツの飛行機が落ちたよね。」

    だとか、生徒クンのいらんコメントにも負けず、やっとパースへ到着!


    空港で、それぞれのホストファミリーに引き取られ、私と9歳のMasaは、同じホストファミリーのところへ。

    ここのおうちは、オーストラリア人で英語の先生のお父さん、
    日本人のお母さん、
    完全バイリンガルの子ども3人、
    従兄弟家族3人、
    デンマークからの留学生、
    コロンビアからの留学生、

    という、めっちゃくちゃインターナショナルな大家族。

    私は2年前にもここのおうちに泊まらせてもらった。

    相変わらずすってきなおうちです。

    こんなにたくさん人がいるのに、それぞれプライベートな部屋。

    私のお部屋も、相変わらず素敵です。
    ここはホテルかっていうくらい、素敵なインテリア。



















    Masaの部屋。




    お庭にはトランポリン。子どもには嬉しいねぇ。




















    初日は、地元の小学校へ通うMasaの手続きから。
    緑の多い、広々とした公立の小学校。



















    ホストマザーと。























    制服も買いました。
    日本の制服とあまりにも違って、これが、制服?って感じだよね。




















    地元の学校に通うって、ものすごく難しいことだと思うけど、小さいからこそできるっていうのはあると思う。

    いろんなことがわからないと思うけど、そこにいるだけで、ものすごくたくさんのことを学ぶと思う。


    パースは今日も晴天。

    お休みなさい…




    Jean * - * 22:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
    このページの先頭へ