スイス日記1 またも、ドキドキな瞬間

0
    本日、パリからスイスのインターラーケンという、アルペンリゾート地へ、電車で移動。

    1人旅だったら、出発駅まで、地下鉄で20分くらい、スーツケース抱えてえんやえんや行くけど、

    今回は10人、おばちゃまたちには快適なほうがいいから、タクシーで行くことにする。

    今回泊まってるアパート、私のリサーチによると

    場所が良くて、

    とてもキレイで、

    オーナーがいろいろ教えてくれる
    (イケメン)

    ってことで、選んだんですが、オーナー一度も現れず。


    バイトのお掃除の若い女子たちはお昼来てたけどね


    今回10人旅の私たちは、このアパートを貸し切りで、それはすごい快適でいいんだけどさ

    タクシーよんでください

    とかいう、シンプルなリクエストができない。

    タクシー会社に電話して、来てもらおうとも思ったけど、

    アパート結構わかりにくいとこにあるし

    英語が通じない場合もあるし

    遅れることもよくあるし


    ってことで、朝早起きして、タクシー乗り場に行き、タクシーに乗って直接連れて来るのが一番確実。


    でもね、ここは、おフランスでございます。


    迷いつつ20分くらい歩いてやっと着いた!

    のに、タクシー乗り場のくせに、タクシーゼロかい。


    はーーー

    と落ち込んでる暇がない。

    近くのホテルで、頼み込んでタクシー3台呼んでもらって、

    ほっと一安心


    と思いきや、2台しか来ないーー??


    って、そんな国です。

    この際、多少ぼったくられても、目的地に着けばいい、という感じ。

    いっちいち疲れます。


    やっとのことで着いたLyon駅に、待ち合わせしてたAllanが、よゆーな顔でバゲットかじってました。
    さすが。



    綺麗な駅




    出発前から恐れていた、フランス国鉄のストライキ。

    今日のこの新幹線が出ないと、スイスに入れない…

    ボードを見ると

    delayed


    あ、怪しい…

    そういえば、着いてから、一台も電車動いてない…


    か、神様、お願いします!


    とドキドキしてたら、30分遅れで出発!

    やったーーー


    一安心して、調子に乗って、ビュッフェで、ビールやらワインやらチーズやら。




    風景もいいし、サイコーでーす!




    そんな優雅なときは、すぐに過ぎ去り

    次なるドキドキは、スイス入国の際に、 パスポートの有効期限が三ヶ月ない人が無事に入れるか、です。


    それがさ、電車が遅れたことにより、インフォメーションデスクに人がいっぱいでさ、

    みんな同じスイス行きの人たちでごった返しててさ

    担当のおねーさんも大変そうでね

    パスポート見せたけど、何事もなくスルー

    どんどんパフパフ

    とりあえずパスポートのドキドキからは、全て開放された。

    神様、ありがとうございました。
    感謝しています。


    っと。

    スイスに入ると、列車からの風景がまたガラッと変わって、

    わーー
    きゃーー
    きれーーい


    お隣にいたスイスのおばあちゃんから、スイス情報ゲット。



    こちらの人、みんな優しくしてくれる。嬉しい。


    宿に着いてから、散策しながら、ご飯へ。
    きゃーん、湖に囲まれた、インターラーケンという小さい街、きれい過ぎます。



    宿のオーナーオススメのスイスレストランへ。


    無事にスイス来れた!
    スイスビールで乾杯!


    やっぱりチーズフォンデュでしょ。


    マッシュルームが入ったチーズフォンデュと、green pepper(ピーマン)の入ったやつと頼んだんだけど、

    マッシュルームのやつは、なぜか酸っぱ!

    ピーマンのやつは、うん、美味しい。

    でも、一番美味しかったのは、電車で会ったスイスのおばあちゃんにオススメと教えてもらった、スイスの伝統料理Rosti


    このソーセージがね、中のお肉のつぶがすごい大きくて、このデミグラスソースがまた美味しくて

    今まで食べたソーセージの中で、一番美味しかったかもしれない。



    ちなみにこちらは、夜いつまでも明るい。
    21時過ぎでもこれだよ。


    今日の宿は、山小屋風のB&Bです。



    じゅーぶん、じゅーぶん。


    ちなみに、パリのゴージャスなアパートより、この山小屋の方が高い。

    スイスは、物価が高いです。

    とりあえず、スイスに入れてほっ。

    お休みなさい…
    Jean * - * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
    このページの先頭へ