ウィーン日記3

0
    ウィーンでの最終日。
    今日は、ウィーンで現代美術館へ行くというプラン。
    うーん、こちらへ来て、大分、アートに触れてます。

    ちょうどこの日は、紀子さまもウィーンに来ていたようで、美術館のひとつには、ガードマンがいっぱい。
    紀子さまの写真が撮りたい!と10分ほど粘って待っていたが、出てくる様子もないので、あきらめる。

    この現代美術館(Musium Quater 通称MQ)は、ウィーン子のデートの場所としても、有名なんだって。
    この美術館の前にある、黄色のイスに座って、芸術の都で愛を語り合うんだろう。
    私も、一度でいいからそんなことしたかったわ。
    芸術って、非日常的で素敵に聞こえる。
    どうして、私は、芸術家じゃなくて、体育会系と結婚したんだろうか。
    と後悔しちゃいたくなるほど、素敵な空間。





















    美術館の中は、ピカソやら、クリムトやら、それはそれは、恐れ入りました。
    やはり、現代っ子は、現代の作品は、とても楽しく思える。

    ピカソ





















    うーむ、芸術は難しいなぁ。





















    こんなのあたしにも描けそうと誰しもが思うけど、描けないんだよね。





















    芸術と語り合う妹。





















    絵はでかい。





















    こんな強烈な絵を使って、美術の勉強をする、ウィーンの中学生。こうやって芸術は生まれるのか。






















    帰りは、ドイツのアウグスブルグまで、5時間の列車の旅。
    なぜか、個室でラッキー。




















    疲れた〜




















    おやすみなさい。










    Jean * - * 12:21 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
    このページの先頭へ