<< やるなミッシェルVo.2 | main | Farewell party >>

B&Bの住人

0
    昨日無事に帰国しましたが、大好評により(どこの調べ?)トロント日記を続けます。

    わたしたちの泊まっているB&B(Bed & Breakfast)には、いろんな住人が住んでいる。日本人とカナダ人の夫婦がしているということで、泊まっている人は日本人が多い。トロント大学が近いということで、そこで研究をしている教授や、視察に来ているドクターなども長期滞在をしており、長期滞在者同士、仲良しになる。

    また、スタッフとも仲良くなり、誰かが忘れていったお茶漬けの素をもらったり、手作りのマフィンをもらったりする。

    私のこちらの生活での悩みのひとつは、運動不足であった。
    日本で、チアダンスやら、加圧トレーニングやら、ビリーズブートキャンプやらをせっせとやっている私が、こっちに来て、安いドーナツを毎日食べて、一日中座って勉強ばかりしているような生活。

    これはいかんなぁと思いつつ、なかなか運動するところが見つからず困っていたところ、長期滞在者同士で仲良くなったドクターが、ひょんなことから、ビリーズブートキャンプのファンであることが判明。
    しかも、DVDを持ってきているとのこと。

    ドクター「運動をしようと、持ってきてはいるんですが、やる場所もないし、こっそりと部屋で筋トレしているくらいですわ。」
    (ドクターは京都の人)

    Jean「え、やりましょうよ、運動したいです!」

    ドクター「僕もやりたいんですが、でもやるったって、場所がねぇ」

    Jean「この際、リビングはどうでしょう」

    ドクター「え、リビングって、いろんな人が来ますよ」

    Jean「自分たちの欲を取りましょう」

    ドクター「えぇぇ。怒られませんかねぇ・・」

    Jean「先生、勇気を出して!二人なら大丈夫!!」

    ということで、ドクターは押しに押されて、リビングにてビリーズブートキャンプ生活が始まった。

    スタートは、大体夜8時半。
    最後のビクトリーの決め台詞を言って、40分ほどで終了。

    スタッフは、長期滞在者には結構優しくて、

    「リビングが華やいで、いいですよ。」

    と意外にあっさりと認めてくれた。

    仲の良くなった、他の滞在者からは、

    「結構ひどい夫婦みたいですよ。」

    などと言われたりもしたが、ぜんぜんめげず。
    これが、30代の威力でしょうかねぇ。

    まぁ、二人で、スイートハートB&Bのリビングを盛り上げてきたのでした。

    一人残されたドクターは、またこっそりと部屋で筋トレ生活に戻っていることでしょう。

    手の動きが速すぎる二人。





















    見守るスタッフのしんちゃん。

    Jean * - * 11:24 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    相変わらず、どこでも、頑張ってますねー。(笑)
    おかえり。
    私も、今週は、出張で、今日、帰って来ました。(国内ね)
    今日は、現地出発が、過去最遅の時間となった上に、渋滞にはまり、乗って着くのを待つしかないのですが、ずっと、時計とにらめっこ。
    着いたら、ダッシュ。カウンターで、”鹿児島便待って”と取りあえず言って、搭乗ゲートへ、更にダッシュ。ゲートへ着いたら、搭乗中で、ぎりぎりセーフでした。いやー、疲れました。
    飛行機が、いやに、御年配の方が多いなーと思っていたら、今週末は、ねんりんピックでしたね。
    週末の天文館も、全国から集まったご年配の方で、賑やかな週末となりそうです。
    時差ぼけ、お大事に!
    Comment by Orange @ 2008/10/25 12:19 AM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ