<< トロント日記2 もうホテルには泊まらない | main | トロント日記4 留学するメリットって英語を学ぶだけじゃない >>

トロント日記3 こうして私は英語が話せるようになりました。

0

    おばんです。

     

    日本のみなさんの英語力を勝手に応援する英会話講師のJeanです。

     

     

    今夜のあなたへの英語レッスンは、トロントのチャイナタウンでよく見かける、私の大好きなお料理、again.

    これは海外に住んだことのある日本人じゃないと、あまり知らないやつ。

     

    Dim sum


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Dim sum = 飲茶

    ですね。

    トロントに来たら、必ず行くところ。

    そう、カナダ料理なんかより、ずっと好き。

     

     

     

     

    はいはい、さてさて。

     

    第2のホームタウン、トロントに来ております。

     

    初めてこの街に来たのは、大学1年生の夏、幼なじみに会いに。

     

    10歳のころからの友人。

    うちに家族でホームステイに来たのが出会い。

    10歳だった私たち。下は妹5歳。


     


    あの頃は中国人だった。海音と書いて、ハイインちゃん。

    15歳で、カナダ人になった。今はHelen。

     

    この人のおかげで、私は英語が話せるようになった。

    この32年、カナダと日本をお互いに行き来し、

    Helenの友人ともたくさん知り合えた。

    私の友人も生徒さんも、たくさん紹介した。

     

    20歳くらいのころ。日本のカラオケに連れて行った写真みっけ。


     

    そして、42歳になりました。

    この32年で、写真の質がどれだけ上がったんだってね。


     

     

    私が小さいころから、両親が国際交流に興味があったのか、色んな国からたくさんのホームステイをしに来ていた記憶がある。

    覚えているだけで、アメリカ、カナダ、中国、台湾、など、5−6人の人たちを思い出した。

    その中で、今も、家族ぐるみでつながっているのは、2家族。

     

    誰とでもずっとつながるわけじゃないけど、相性がいい人たちとは、今やネットのおかげで、簡単にずっとつながっていられるし、お互いの国を簡単に行き来できる。

     

    私も、自分の子どもが小さくて、仕事がヒマだったときは、いろんな国の人を家に招いた。

    自分の住む狭いマンションには泊まらせてあげられなかったので、教室に泊めていた。

    教室はさらにせまいような気もするが、ただだし、その人たちのプライベートな空間が外国でもてるって、割といいのよ。

     

    ホームステイ家庭になる方法は、たとえば、公的なところだと、国際交流センターhttp://www.kagoshima-pac.jp/とか、市役所とか、学校からの募集もある。

     

    また、個人的に探す場合は、こんなサイトがある。

    私はもっぱらこのサイトを通じて、10人以上の人を家に泊めた。

    Couch surfing

    https://www.couchsurfing.com/users/sign_in

     

     

    しかし、ダウンタウンのホテルのdim sum 高いな。

    しかし、Helenいわく、安くて大衆的なところは、すごく人が多くて、ゆっくり話せないらしい。

     

    美味しかったことは間違いなし。

    食べきれなかった料理は、持ち帰るのがカナダでは当たり前。


     

     

    週末にはHelenの家に遊びに行ったり。

     

    私がリクエストしていた、ロブスターの店に連れて行ってもらったり。


     


     

    しばらく、家のご飯は、leftover = 残り物 でよし。

     

    今日から、語学学校視察のお仕事開始。行ってきます。

    Jean

    英会話のJEC

    http://jec.jellybean.jp/

    Jean * - * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ