<< どうして子どもはあんなに伸びるのか。大人と子どもの決定的な違いはここ。そしてそれを意識したら、大人でもいけるというやつ。 | main | これが今の学生の英語レッスン。 テストのためだけにものすごく勉強してきた自分たちはなんだったの。と言いたい。 >>

熊本の友人たちへ。いろんな形の支援。

0
    おばんです。

    日本の皆さんの英語力を応援する
    英会話講師のJeanです。

    今夜のあなたへの英語レッスンは、先ほどやった初級ビジネスレッスンより。

    英語で言えますか?

    1 倉庫

    2 有効期限

    3 積む

    4 彼らはお互い隣同士で座っている。

    5 うちの家は南向きだ。

    6 この製品は保証期間内です。

    7 収穫

    8 容器

    9 ノートパソコン

    10 あそこの道路は工事中だ。































    1 倉庫  warehouse

    2 有効期限  expiration date

    3 積む  load

    4 彼らはお互い隣同士で座っている。  They are sitting next to each other.

    5 うちの家は南向きだ。  Our house is facing the south.

    6 この製品は保証期間内です。  This prodct is under warranty.

    7 収穫  harvest

    8 容器  container

    9 ノートパソコン  laptop computer

    10 あそこの道路は工事中だ。   That road is under construction.



    日本語は、ーー中 ということが多いけど、英語では under --- を使うことが多いんだね。

    under warranty  保証中
    under construction 工事中
    under discussion 話し合い中



    うむうむ。
    はいはい。

    今日は忙しかったな。
    9時の勉強会から始まり、最後は企業レッスンまで。

    腰やら背中がじんわりと痛いので、30分近くの整体屋さんに行って、マッサージを受けたが、今もじんわりと痛い。

    明日は、大学でマウスの実験。
    腰が痛いから、モチベーションダウン。。

    今日の良かったことはね。

    天気が良かったこと
    インターナショナル幼稚園でのダンスレッスンで汗をかいたこと
    大人の生徒さん方と、大人のいい話が英語でできたこと

    そして、最後の企業レッスンにて、今期スタートしたばかりのレッスンにて。

    6年ぶりに英語レッスンを再開してくれた方との、久しぶりの再会がすごくうれしかったな。


    英語ができる人は感じていると思いますが、

    言葉って、使わなきゃ忘れるもんだよ。

    そう思って、英語を少しずつでも長く続けたもん勝ちですね。




    いろんなところで、熊本支援が行われてますね。

    今日レッスンに行った、インターナショナル幼稚園でも物資を受け付けているということで、来週もっていこうと思います。



    Let's help our friends in Kumamoto.

    いいセリフですね。

    本当の友達じゃなくてもいいのよね。

    そういえば、小さいころは、

    「あそこにお友達がいるねー。」

    って、まったく知らない同じくらいの年の子に対して、とても簡単に使っていたのに、
    大人になると、簡単に使わなくなるのはどうしてなんだろう。


    熊本の友人へ、鹿児島からエールを送ります。
    たいしたことはできないけど、でも心から心配しているし、応援しています。
    きっと、日本中の友人がそう感じてるよ。

    私はふるさと納税を利用しました。
    忙しくても短時間で簡単にできるよ。
    http://www.furusato-tax.jp/


    Let's pray and act for Kamamoto.




    おやすみなさい。。

    Jean
    英会話のJEC
    http://jec.jellybean.jp/
     
    Jean * - * 21:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ