<< カンボジア日記3. こちらの物価はこんなもん。 | main | カンボジア日記5 今日のことはきっと, いつまでも忘れない. >>

カンボジア日記4 死ぬまでに訪れたい観光地. 強くオススメいたします!

0
    グンモーニンです.

    英会話講師のJeanです.



    着いて次の日の夜に, こちらの学校を運営しているNGO組織
    http://www.ipo-cambodia.org/
    (ぎゃ, 今みたら, ここのページにいつの間にか, あたしが出てる!)

    の代表者の、Mr. Naraがやってきて, プロジェクトの話をホテルでしている間に, 大雨..



    いやね, こちらは今雨季で, だからローシーズンで, 人も少ないし, ホテルも安いしってことで来てるんだけども.



    Mr. Nara 「明日夕方, スタッフを集めて, ミーティングをするから, その前に観光でも行ってくるといいよ.

    でも, 今大雨だから, 明日も雨かもねぇ. 朝日の中のアンコールワットは無理かもねぇ..」



    と言われたけれども, 天気予報を見てみたらずっとこちらは曇りだし, かと言って, 前日からあきらめるのはもったいない気もするし,



    朝日を見に行くためには, 4時おきの5時出発なんだけど, とりあえず4時に起きてから決めよう, ということで, 寝た.





    翌朝, 4時. まっくら..

    だけど, 雨は降ってない様子.



    Tuk Tuk ドライバーの Mr. オーは, 絶対に時間に遅れることはなく, こんなに時間を守る人たちって, 日本人以外で世界では珍しいんじゃないかな, と思うほど.



    Mr. オーが, 朝の5時に, いつものようににこにこしてホテルまでお迎えしてくれ, すこーし明るくなりつつある中を出発.



    ホテルは, 朝食をわざわざパックに詰めてくれてお弁当にして, オムレツやらパンやらオレンジジュースやらを, もたせてくれた.

    こんな細かい気配りが, やけに嬉しい.





    アンコールワットに着いたときには, もう少しずつ夜が明けていってるところで, 私達はかなり遅かったほうだったけど,

    前回早くつきすぎて, 1時間以上も待ったので, ちょうどこれくらいで良かったわ, という感じ.



    少し遠くの小さな遺跡の上で, オムレツを食べながら, のんびりと待つ.



    このじわじわと明るくなってくる様が, とてもいい.



    死ぬまでに訪れたい, 世界でトップ10の観光地に常に入る, このアンコールワットの良さは, ここにあると思う.

    (2014年では第4位にランクイン)











    いやー, 雨季だけど, 雨が降らなくて良かったなー.

    朝4時おきで, 30分ほど Tuk Tukって, 雨降ったら悲惨だわ.





    アンコールワットの中は, すごく広すぎて, ちょっと散策し,















































    外にあるカフェでコーヒーを飲んでまったりし, トイレを借りたら, 中でお坊さんたちが食事をしていた.





















    こっちのお坊さんは, こんなオレンジ色の袈裟を着ており, すごく目立つ.



    ゆっくりしてホテルに帰っても, まだ9時半くらい.



    アンコールワット, 一生に一度は, 絶対行くべきところだと, 強くオススメ致します!
























    Jean

    英会話のJEC

    http://jec.jellybean.jp/index.html





     
    Jean * - * 23:01 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    私が初めて行った時は、両松葉杖をついていたので、あのトウモロコシの上まで登れない悔しさを思い出しました。
    もしまだ登れるようなら、是非TRYして見てください。
    社会の教科書に必ず載っているアンコールワットを恋人にあったように嬉しくて涙を流したことを今のように思い出されます。
    Comment by 澤木 @ 2015/09/19 9:05 AM
    Hiroさん, トウモロコシ?? あらら, まだ出会ってませんでした! 次回はぜひ, リサーチしてみます.
    私も, アンコールワットの朝日にはいつも大感動します.

    次回は, ぜひ一緒に行けるといいですね.
    Comment by Jean @ 2015/09/20 12:31 AM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ