<< カンボジア日記2 遺跡を巡るときの大事なポイント | main | カンボジア日記4 死ぬまでに訪れたい観光地. 強くオススメいたします! >>

カンボジア日記3. こちらの物価はこんなもん。

0
    おばんです.

    Jeanです.



    カンボジア情報, まだまだ続行中..



    ということで, 週末観光にいそいそと出かけ, 私がこちらで一番好きな遺跡のひとつ, タプロームと呼ばれる古代遺跡.

    アンジェリーナ・ジョリーの映画が撮られたということでも有名な, 木に遺跡が侵食されているような, なんだか神秘的なところ.












































    絵を買ったり。






















    野生のバッファローがいたり。






















    グァテマラもそうだったけど、こういう有名な観光地には、子どもの物売りがたくさんいて、

    「オネーサン、二個で1ドルゥ」

    と、日本語で言ってくるわけです。

    ものを増やしたくないので、

    「No thank you. Sorry」

    って言うと、

    「オネーサン、3個で1ドルゥ」

    とか言うからさ、結局、ムスメはたいして喜ばないと思ったけど、笛を買った。

    しかし、こっちの子どもって、またかわいいのよ。

























    ホテルに帰り、周辺を散策してたら、
    あ!足の角質を魚が食べるっていう、いわゆるドクターフィッシュってやつね。
    2ドルって、安っ!
    ってことで、やってみた。
    くすぐったくてしょうがないけど、面の皮も足の皮も厚くなってるようで、大分慣れた。
























    次のお客さんが来なきゃ、いつまでもほっとかれるシステム。いいわぁ。。




    適当に入ったレストランで、生春巻きやら、ヌードルやら、スープやら。
    全部で500円くらいだから、1人250円くらい。
























    そして、ここで気付いた。
    こっちのビール安っ!

    コーヒー、コーラ、ビール、基本的にどれでも1ドル(120円)

























    帰りには、夫婦でやっているというカフェに寄って、かわいいムスメちゃんとからんだりして。





















    どこの国でも、子どもはかわいいし、無邪気だね。


    夜の打ち合わせを済ませ、明日はアンコールワットと、学校訪問!

    おやすみなさい。。



    Jean
    英会話のJEC
















    Jean * - * 22:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ