<< サンタクロースって本当はいないんじゃないの?と言われたら。 | main | オトナの世界 >>

クリスマスレッスンと、陰謀にはまり困っている話。

0
    おばんです。
    Jeanです。

    今夜のあなたへの英語レッスンは、今、世界のあちらこちらで言われているこちら。

    クリスマスの時期ですね。

    英語でどーぞ。































    Now it's time for Christmas!!


    はい、そうですね。

    うちでも、今週はクリスマスレッスンということで、レッスンの中で、クリスマスにまつわるようなアクティビティを取り入れています。

    Troy担当 金曜日会話クラスは、今日だけ合同で。
    さすがアメリカ人の先生らしい発想のレッスン。

    英検4−5級クラス担当は、Taka先生。


    世界のクリスマスに関するクイズ。
    小学生にとって、いや大人にとっても意外と難しい。

    例えば、

    How many reindeers does Santa Claus have?

    むず!!



























    answer
    「8」

    だってさ。

    覚えたい単語

    reindeer : となかい

    でしたね。


    そんなこんなで、いろんなことを覚えていく子どもちゃんたち。


    その後は、クリスマスにあまり浮かれることなく、高校生が自習していました。


    高校生は、普段通りのレッスンだけど、今週末のクリスマスホームパーティに来てね。
    来たい方は、こちら。
    http://jec.jellybean.jp/event/index.html








    はい、こうして、楽しい独り言の時間はあっという間に過ぎ、

    はい、そろそろ論文を書かないといけないから

    現実に戻るために、一度風呂であったまるべし。

    今日の研究室での会話

    先生「Jeanさん、1月末に学会で発表しませんか。」

    私「またそんな無茶ぶりを。。」

    先生「いや、これは、大学内の学会だし、若い研究者が対象なんですよ。」

    私「言っときますけど、私、そんな若くないですからね。」

    先生2「若く見えるから、大丈夫。」

    私の心の声(ちょっと待って、ここ、喜ぶところじゃないよね。)

    先生「なんとね、最優秀者には賞金20万円が出るんですよ!」

    私の心の声(それって、私のお小遣いになるんじゃなくて、うちの研究室の研究費だよね。)

    先生3「Jeanさんは、人前で話すの慣れてるし、大丈夫。」

    私「人前で話すのはできますけど、肝心の発表内容がたいしたことないし、そもそも私質疑応答とか無理ですよ。
    質問が来ても、答えられませんもん。」

    先生1「大丈夫。僕はお金がかかると強いんですよ。質問されそうな内容は、ばっちり予想しますから。」

    私「でも、答えるのは私ですよね? 答えられない確率かなり高いですよ。行動実験のことは答えられるかもしれないけど、細胞のメカニズムとか絶対答えられないですよ??」

    先生2「どうせ修論発表しないといけないんだから。練習だと思えばいいですから。」

    私「もう。。。。。」


    やりますよ、やりゃいいんでしょ。

    私に20万円稼がせるのは、今の段階では無理です。
    しかし、それは、その判断をした先生たちのミスですから。

    ま、なんでもチャレンジだよね。


    風呂入ってすっきりしたら、また論文書こう。

    私の独り言にお付き合いいただき、ありがとうございます。

    いや、まじで、大分、ストレス解消になってると思うよ、このブログ。


    おやすみなさい。。。。






                                      





























     
    Jean * - * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ