<< パース日記7 パースダンススタジオにて | main | パース日記9 ちょっと毒を吐いてみる >>

パース日記8 イルカと泳ぐ

0
    グンモーニンです。
    パースよりJeanです。

    オーストラリアのパースです。

    スコットランドのパースではありません。
    タスマニアのパースでもありません。

    Perthって探したらいくらでもあるのかもしれないね。


    久しぶりにゆっくりとした一日。

    こっちに連れてきてる中学生のKyokaは今日もハウスメイトと学校に行ってる。



    さて、昨日は、今回の旅のハイライトと位置付けていた

    「イルカと泳ぐ」

    ってやつ。



    ホストマザーの計らいで、半額で予約を入れることができた。
    Kyokaと一緒に参加。


    ダウンタウンまで送迎付きで、パース駅に6:50集合。

    ということで、5:00起床で5:50に家を出発。


    わ、寒っ!!
    いやーん、珍しく寒いぞ。
    ビーサン、ぎりぎりだぞ。


    私が住んでいる家は、街から電車で15分のところ。

    比較的便利なところなのだが、前にも書いたが、こちらはピーク以外の時間帯は電車などの本数がとても少ない。

    日曜日ということもあって、超早めに、1時間前に出発した。


    なのに、電停に着いたら、

    To Perth --- 60 minutes


    な、なにーーーー!?

    この前は、あったじゃないか!

    日曜日は、6時台には電車はないってかー〜??


    もー、なんだよ、この大都会は。

    と、しぶしぶタクシーで街まで。
    20分くらい乗ったかな。
    30ドルでした。


    ちなみに、流しのタクシーはないので、電話で呼び出すしかありません。


    で、なんとか、街まで辿りつき

    ホストマザーの車ですいっと来たKyokaと落ち合い


    さ、気を取り直して、出発〜!


    Rockinghamという、街から南に45分くらい車で行ったビーチ。


    全部で、30人くらいの参加。

    遠くに見えるあの船で、ビーチから出発し、イルカのいるところに行って、一緒に泳ぐ!





    ウエットスーツが暖かくて、いーわ。




    実際にはね、

    色付きベルトで、5人ずつくらいのグループにわけられており

    ここで大事なことな3つ

    "quick"

    "relax"

    and

    "enjoy"


    なので、


    インストラクターの若いオージーのお姉さんに

    "Red belt, red belt, please! Hurry up!!"

    と叫ばれて、レッドチームの人たちが、そそくさと集まり



    次々と海へ入り



    泳ぐ!ではなく、浮く!



    と、イルカたちが、やってくる!



    海の中では、イルカの声も聞こえる。
    彼らにとっては、私たちと遊びに来ているらしい。

    この黄色いのはモーターで、インストラクターの方々がこのモーターを持って、スピードを出してイルカのほうに泳いで行き、こっちにおいで〜と誘う。



    イルカって、なんか笑ってるみたいな顔してるんだね。
    すーごく近くで見れたよ。



    ここで、いつも海外に来ると思うこと。

    このツアーね、

    Swim with wild dolphins

    というやつなんですね。

    で、こういうのって、日本だと、あまり年配の方って、やらないでしょ。

    私は今39歳で、ぎり30代ですが、40代の方はどうだろう、50代の方は?

    60代以上の方は、8割くらい、

    いやー、私はもう無理よ


    って感じな雰囲気でしょ。


    でもさ、こっちに来ると、ほら、レッドチームの人たちの後ろ姿をよく見てみると




    孫がいるくらいのおじいちゃんだよ。

    ちなみに、この方の奥さんであろう人も一緒に参加。

    おじいちゃんもおばあちゃんもたくさんいた。


    欧米の方は30代から40代以上の方のほうが多かった感じ。


    そして、私たちアジア人ともうひとつ圧倒的に違うことは。

    欧米人のおじちゃん、おばちゃんはは、ほぼ、カップルで参加


    だね。

    なんか、あたしたちってさ、大人になると、特に子どもが大きくなった後は、旦那と二人で旅行より、女友達との旅のほうが楽しいわ


    とかなるでしょ。

    欧米文化では、カップル、つまりは多くの場合、夫婦(英語では結婚しててもしてなくても"couple"です)が基本なんで、おじちゃんおばちゃん、もしくは、おじいちゃんおばあちゃんのカップルで、こういうのに参加する人がとても多い。


    ま、日本人男性は忙しいからしょうがないところもあるけども、
    私が目指したいなと思うところは

    1 年齢に囚われず、楽しそうだと思うことはやること

    2 子どもが大きくなった後でも、友達だけでなく、ダンナとも旅に行くこと


    私にとっては
    1番は簡単。
    2番はかなり難しいから、努力を怠らないこと。

    です。



    ビーチに戻ってきたら、すっかり晴れました。



    こーれは、こちらでしかできない、とてもスペシャルな経験でしょ。

    経験って、人生で一番大切なものの一つ、だと思っている、私。

    Kyokaも、私も、きっと一生忘れない思い出!




    Jean * - * 11:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ